プロミス 審査時間

プロミスの審査時間は本当に早い?

プロミスの審査時間は大変スピーディーです。公式サイトにも明記してありますが、最短30分で正式な契約可能額がわかります。申し込み〜実際に融資を受けられるまでの時間は最短で1時間以内、数十分程度というわけです。しかしこのように書いてあるからとはいえ、実際にどのくらい早いのかというのはわかりませんよね?プロミスはほんとうに審査が早いのでしょうか?

 

実際にどのくらいの審査スピードなのかというのはやはり実際に利用した人の口コミからわかるでしょう。口コミをみてみると、審査には30分〜40分程度かかったなど、確かに審査は数十分で完了するケースが結構あるようですね。しかも、否決の人ですと10分で否決という人が結構います。申し込んですぐに「審査ちゃんとしてるの?!」というくらいスピード否決とも思えますが、急いでいる人などはダメだったら次に早く行きたいわけですし、何日も待たせた上否決という審査が遅いところと比べるとある意味それはそれで良心的?ともいえるかもしれませんね。

 

やはり銀行カードローンの審査スピードの口コミなんかと比べてみますと審査スピードに文句がある方というのはあまり見受けられません。銀行カードローンですと2週間連絡がないですとか何日も待ったあげく否決といった方がざらにいらっしゃいます。即日融資可能をうたっている銀行カードローンも現在では数多く存在してはいますが、現実的には審査の判断の早さはやはり消費者金融ならではのメリットですよね。

 

東京都のプロミスで借りる場合には申し込みがインターネットで24時間365日、パソコン、ケータイ、スマートフォンとツールを選ばずに可能なところがまた利便性が高いですよね。スマートフォン・ケータイで出来るので思い立ったときにいつでも申し込みができ、そのまま自動審査、そして本審査となりますので時間を選びません。申し込み手続きのスマートさ・スピーディーさで選ぶならやはりプロミスですね

 

プロミスは審査が甘いなどという口コミがあったりしますが、本当にプロミスの審査は甘く通りやすいのでしょうか。確かに消費者金融と銀行カードローンとを比べれば消費者金融のほうが審査に甘い傾向にあるというのはあるかと思いますが、それでも大手の消費者金融となりますとそれなりに審査は厳しいはず…。プロミスは本当に審査が甘いのか?

 

結論からいってしまいますと、プロミスがどうこうということなく、キャッシング会社の審査基準自体が通りやすくなってきている傾向にある、というのです。というのも、キャッシング会社の審査基準は景気動向などに左右される面が大きく、2013年頃から景気が上向きになってきていることなどから、多少プロミスでもそうした傾向になってきているようなのです。

 

また他の大手消費者金融のアコム、モビットなどと比較すると、プロミスは他で審査落ちしたような人でも相談してみると小額の融資でしたら通ることがあるといいます。例えば過去に金融事故を起こしていて信用情報機関にそうした情報が登録されていると普通でしたらその時点でお断りとなってしまうところを、プロミスではとりあえず5万円、とか10万円、とか小額の融資にしておいて、その時点からの返済状況を見て今後枠を広げて行くか否かの判断をするというのです。

 

プロミスは「審査が甘い」という言い方だとちょっとニュアンスが違うような気がしますが、絶対無理!という状況でも相談によっては応じてくれる可能性があるのがプロミス、ということです


このページの先頭へ戻る